少子高齢化を目指そう

年を取ることは良いことですが…

年をとると言うことは良いことです。しかし人間はいつまでも元気でいられるものではありません。南馬宿村は毎年約1歳ずつ平均年齢が上がる異常事態が続いています。このままでは近い将来村人が0人になってしまい、南馬宿村は消滅してしまうでしょう。

無子高齢化

まずは少子高齢化を目指そう

意外に思われるかもしれませんが、南馬宿村は少子高齢化ではありません。しかし南馬宿村は無子高齢化が問題となっています。平均年齢が高くなり、村民の生殖機能が失われつつある今、積極的に移住者を受け入れるしか解決方法はありません。無子高齢化を解消するためにもまずは少子高齢化を目指しましょう。

安易な村八分を止めましょう

南馬宿村は毎年田舎暮らしに憧れた移住者がやってきますが、定住するケースは稀です。移住者が定住しない原因の一つは村八分です。移住者の9割以上が1年以内に村八分にされていると言われています。都会から移住した人が英語のシャツを着ていたり、髪の毛を茶髪にしているからと見た目だけで村八分にするのは止めましょう。チャラチャラした出で立ちでもまともな人間はいるものです。確かに不安はあると思いますが、このままでは村が消滅してしまうことを良く考えて行動しましょう。

茶髪だから村八分は☓

茶髪だから村八分は☓