村づくり計画

南馬宿の村づくり計画

村役場に設置された”村づくり提案箱”に届いた皆様のご提案やご意見を会議で発表し、今後の村づくり計画として検討したい内容についてお知らせ致します。

  • 南馬宿プランテーション計画【検討中】

    余っている土地をフェンスで囲み、移住者を労働力として囲い込むプランテーション計画案が提出されました。プランテーションで働く移住者には無償で農地を提供、労働者の生命を維持するための分は収穫した農作物から分け与え、残りを南馬宿の村民に分配する計画です。

  • 国際信州学院大学 南馬宿キャンパス誘致【検討中】

    学校が存在しない南馬宿村。平均年齢が毎年約1歳上がる南馬宿村では一刻も早く若年層を呼び込まなければ近い将来廃村になると言われています。無子高齢化の打開策として大学キャンパス誘致案が浮かび上がりました。賛成意見も多いようですが、レゲエやラップと呼ばれるヤングミュージックを爆音で流す若い衆が蔓延る恐れもあり、慎重に検討するべき案件です。

  • 南馬宿村営スキー場 “カナダ”の再開【可決】

    南馬宿村には45年前に閉鎖した村営のスキー場、”カナダ”を再開する案が出ました。観光施設が存在しない南馬宿村にスキー場をオープンさせれば村の経済活性化につながることが期待できます。
    ※平成27年11月13日の意見聴取会では大半の村民が賛成しています。
    満場一致で村営スキー場再開案を可決致しました。(平成27年11月20日)

  • 女性刑務所の誘致【却下】

    南馬宿村に女性刑務所を誘致しようと提案がありました。あらゆる立地に不利と言われてきた南馬宿村ですが、確かに刑務所なら良い立地条件と言えます。逃走しても土地勘が無いと歩いて街に行くのは困難であり、村内に村人以外の人間が歩いていたらすぐにその情報が広まります。凶悪犯罪者が刑務所を脱走する危険を少しでも軽減するために、女性刑務所が最適ではないかと提案がありました。女性刑務所の誘致に成功すれば雇用も生まれ、村に財政に良い影響をもたらすでしょう。
    村民の生命を脅かす危険性があるので却下。

  • シリア難民受け入れ【却下】

    南馬宿村にシリア難民を受け入れれば過疎化対策になるのではとの意見がありました。村の高齢化は深刻です、草むしりや側溝のヘドロ除去等の力仕事を任せられるので村民にとってメリットはあります。しかし、難民が村に独自のコミュニティを形成したり、数の暴力で我々定住者を脅かす存在になる可能性もあるので新調に検討する必要がありそうです。
    村民の生命を脅かすあまりにも危険な提案です。提案した佐藤龍馬氏は本日11月1日をもって村八分とします。

  • ご当地キャラをつくってPR 【可決】

    南馬宿村のご当地キャラをつくり、村のPRをすれば良いのではとの案がありました。

    南馬宿村のご当地キャラ 肥溜ちゃん

    提案者の考えるご当地キャラ

    【ご当地キャラ名】
    肥溜ちゃん(ゆるキャラ)

    【キャラのビジュアル】
    インパクトの有る見た目にする

    【キャラの由来】
    エコブームに乗っ取りリサイクル性の高い肥溜めをキャラ化。汚いだけの存在と思われがちな肥溜のイメージを払拭し、地球にやさしい村をPRする

    ※満場一致でご当地キャラ”肥溜ちゃん”の案を可決致しました。(平成27年10月23日)

  • 社交ダンス de 村おこし【却下】

    社交ダンスの得意な正則氏が無料で社交ダンスを教え、若者を集める。確かに正則氏は普通の人に比べれば社交ダンスが上手だが、寡黙でぶっきらぼうな正則氏が社交ダンスを教えることができるのかが問題。
    ※正則氏が行方不明になったので却下。

  • B級グルメ参戦【却下】

    世間では、B級グルメと呼ばれるサブカルチャー的な食文化が大変な人気を集めています。ご当地グルメとも呼ばれており、B級とは言えヒットすると莫大な利益をもたらす可能性があります。南馬宿村もB級グルメメニューを開発し、村のPRをする。
    ※サブカルチャーは一歩間違えると危険な思想に化ける可能性があるので却下


※只今提案募集中
村役場に設置された”村づくり提案箱”までどんどんご提案やご意見を募集しています。