過激化する南馬宿村の穴掘り競争

南馬宿村ではスコップやツルハシを使った手堀りでの縦穴堀が流行しています。誰よりも深い穴を掘れば英雄視され、逆に穴が浅いと小馬鹿にされる傾向があり、村民は死にもの狂いで庭に深い穴を掘っています。しかし、穴掘りによる事故が絶えません。特に最近記録更新を目指した無理な穴掘りによる死傷者が出ています。

穴掘りは重労働

1メートルの穴ですら掘るのはとても大変です。2メートル以上の穴を掘る場合、穴が崩れないよう処理をしなければなりませんし、掘り出した土を地上まで運搬しなければなりません。

強制労働で1日中ひたすら穴を掘らされ、またその穴を埋め、また穴を掘る…、”穴掘りの刑”があるように、穴を掘るのは肉体的にも精神的にも大きな負担がかかります。

南馬宿村 広報

穴掘りはとても危険

深い穴掘りはとても危険です。転落、酸欠、生き埋めのリスクも高く水が湧き出て来る可能性もあります。また、穴の深さを競い合っているので、深く穴を掘ったら妬まれて上から土砂を流し込まれる可能性があります。競争することは良いことですが、誰よりも深く穴を掘ろうとして死んでしまったら元も子もありません。

安全に穴掘り五箇条

一. 見張りをつけるべし

穴掘りのアクシデントを防ぐためには信頼できる身内や仲間に見張ってもう。

二. 雨天は作業中止すべし

南馬宿村の人たちはどんな行事も雨天決行。でも穴掘りのときだけは雨天の作業は中止してください。

三. 浮きを用意すべし

穴を掘ると水が湧き出てくる可能性があります。そんな時に脱出できるよう必ず浮きを準備して穴をほってください。

四. ヘルメット着用

落石、投石に備えてかならずヘルメットを着用しましょう。
南馬宿村
「ヘルメットがあれば助かったのに…」は絶対にあってはならない。

五.水分補給すべし

脱水症にならないよう水分補給しながら穴をほりましょう。

南馬宿村 広報

死んでからでは遅いのです

穴掘りはほどほどに!