日没後の野焼き厳禁

野焼きについて

南馬宿村の皆様に野焼きについてお知らせ致します。特に農家の方はお読み下さい。

日没後の野焼きは危険です!

昭和46年12月、夜間の野焼きが原因で村の1/3が焼けてしまった火災が発生しています。この火災により31名の村民が命を奪われました。また、今年の2月にも吉郎氏宅の裏山が全焼しています。絶対に日没後の野焼きは止めて下さい。

野焼きは早朝に!

南馬宿村の人たちはとても早起きです。AM4時には村民の大半が、AM5時にはほぼ全員が起床しています。大半の村民は、AM8時までには洗濯物を干していますので、野焼きは早朝~AM7時位までの間に行いましょう。

いつでも消火できる状態に

野焼きはいつでも消化できる規模で行って下さい。火をつけっぱなしで出かけるようなことは絶対にしないで下さい。

日没後の野焼き

夜間の野焼きは村民の命を脅かす

日没後の野焼き防止策として厳罰も検討

なかなか日没後の野焼きが無くならない原因として、「昔からやってたから…」「何を今更!」等と頑なに変化を拒む村民性が考えられます。しかし、村民の命を脅かす野焼きは絶対に禁止しなければなりません。このまま日没後の野焼きが無くならないようであれば、厳罰も検討しなければなりません。

Follow me!

コメントを残す