11月の村八分

11月の村八分は3名

11月は気温が下がり本格的な冬の一歩手前です。体調を崩して行事やイベントを欠席しないよう体調管理には十分に気をつけて下さい。

村八分者名と詳細

  • 長瀬浩次
    【村八分の理由】
    長瀬浩次氏は村民の大半が反対している南馬宿村の未舗装道路舗装化に1人だけ賛成した。村人らは予算不足自然破壊等を案じた上で反対の声を上げたにも関わらず、道路が舗装されていなければ始まらないと、真向からそれを否定した。それだけでは村八分にはならない。長瀬浩次氏は、道路を舗装しなければ誰も南馬宿に訪れないと南馬宿村や村民に罵詈讒謗を浴びせた。11月7日に道路舗装化の賛否を問う採決が行われ、反対多数で否決されたその直後に村八分にされた長瀬浩次はそのまま行方不明になった。<11月15日 転出>
  • 武藤静香
    【村八分の理由】
    武藤静香氏はアロマテラピーと言うカルト的文化を広めようとした。村の女性たちに「アロマの香りでリラックスできるよ」と声をかけて騙した。<11月16日 火災により焼死>
  • 岩本太蔵
    【村八分の理由】
    岩本太蔵氏は、来月オープンする南馬宿村営スキー場のカナダにリフトが無いことやゲレンデを圧雪しない、係員が1人もいない無人経営は問題だと指摘。カナダは24時間営業という素晴らしいメリットがあることを棚に上げ、カナダの営業を脅かす言動で村民を不安に陥れた。<11月24日 突風で家が崩壊、転出>

Follow me!

コメントを残す