南馬宿村の気候

日本一厳しい気候

南馬宿村は盆地に位置しているために気温差が大きく、1月の平均気温が-4度と大変寒い。また、冬は山から吹き下ろす皮膚に突き刺さるような風が吹き続けます。その一方で夏はとても暑く8月の平均気温は28度と大阪並。盆地であっても海側の山が低いので、夏は湿気の高い空気が留まりやすく、冬は大量の雲が流れ込むので年平均降雪量は1,000cmを超える豪雪地帯です。

気性が荒いのは厳しい気候のせい

豪雪、豪雨、干ばつ、暴風、異常高温、異常低温等の自然災害によって凶作に見舞われることも多く、その度に村内では水の奪い合い等の争いが発生します。一方で農作物が例年並み~豊作で、一方が凶作だったりすると妬みから事件に発展するケースもあります。村人の気性が荒いのは、この厳しい気候のせいだと考えられています。人間同士の争いは過酷な気候以上に肉体的にも精神的にも消耗します。

暑い、寒いと弱音を吐くことはご法度

厳しい気候であることは誰もが分かっていることなので、気候に関する弱音を吐くことは避けたほうが良いでしょう。

溝掃除のボランティア中に
「暑いから休憩したい」
と弱音を吐くと
「大馬鹿野郎!暑いのは当たり前だ、怠けようとするな!気合入れろ!」
「おーいみんなー、暑いから休憩したい怠け者がここにいるぞー!」

雪下ろしのボランティア中に
「寒くて身体が動かないので少し休憩したい」
と弱音を吐くと
「不届き者め!怠けている証拠だろ、さっさと身体を動かせ!」
「おーいみんなー、理由をつけて雪下ろししたくない外道がここにいるぞー!」

このように気候に関する弱音を吐くと人間以下の扱いをされます。

季節のイベント

南馬宿村の厳しい気候を利用したイベントがあります。いかなる理由があっても絶対に参加した方が良いでしょう。

・スギ花粉ぶっかけ祭り
・夏の我慢大会
・蜂の巣キャッチボール
・毒キノコロシアンルーレット
・寒中水泳大会
・冬の我慢大会

その他村人らの思いつきで突発的にイベントが開催されることも珍しくありません。

Follow me!

コメントを残す