南馬宿村に残る悪しき習慣

村八分より恐ろしい悪しき習慣

南馬宿に移住する人なら予備知識として村八分の恐ろしさをある程度理解されていると思います。村八分が恐ろしいことは言うまでもありませんが、南馬宿には村八分よりさらに恐ろしい悪しき習慣が残っています。

悪しき習慣とは

その悪しき習慣とはジビエの生食です。ジビエの生食をしなければ村人と認められません。この村で村人と認められなければ虫けら以下の扱いを受けることになります。火を通して食べることは断じて許されないどころか村人らを激しく侮蔑する行為と見られ、大変危険です。

それは決して逃れられません

この悪しき習慣はジビエ生肉ハラスメント、とでも言えば良いのでしょうか。村人が獣を仕留めた日には生の臓器や肉を村人が集まって食べるのですが、特に移住者はジビエの生食をしている姿を積極的に村の定住者に見せなければなりません。そうしなければ、ある日突然移住者宅に村人がジビエの生の臓器や肉を持ち寄り押し寄せ来ます。そうなるとそれを食べるまで家の中を暴れまくります。

ジビエの生食を続けて村人は大丈夫なのか

南馬宿村のE型肝炎に罹患していると思われる村民はほぼ間違いなく移住者です。先祖代々ジビエの生食を続けてきた南馬宿の村人は、一時はE型肝炎により絶滅寸前に陥ったことがあるそうですが、奇跡的に罹患しない、あるいは罹患しても治癒した者だけが生き残り、その子孫は強力な抵抗力と人並み外れた強い胃酸を手に入れたエリートだけが生き残りました。

ジビエの生食は危険

移住者は高確率でE型肝炎に

劇症化したE型肝炎はまさに地獄

E型肝炎はとても恐ろしい病気で、治療法はありません。言わずもがな南馬宿村は無医村ですから治療云々以前にE型肝炎だと診断されることすらありません。E型肝炎になってしまったら安静にして自然治癒を待つしかありませんが、村人はE型肝炎のことを知らないので発症た者の体調が猛烈に悪かろうが、
「サボりたいだけだろ」
「仮病をつかうな」
と、毎日村で行われているイベントに引っ張り出されます。その結果、大半が自然治癒する前に劇症化し、劇症肝炎に陥り命を落としてしまうケースが後を絶ちません。


このように、南馬宿村にはジビエの生食と言う悪しき習慣が残っています。村八分は最悪村から脱出してしまえば良いのですが、E型肝炎が悪化してしまったらそんな気力すら奪われてしまいます。

 

Follow me!

コメントを残す