10月の村八分

10月の村八分は4名

10月は農作物の収穫や祭り等、行事やイベントが多い季節です。行事やイベントの不参加者や酒に酔ってトラブルに発展するケースが他の月に比べて多いと言えます。

村八分者名と詳細

  • 幸雄
    【村八分の理由】
    幸雄氏は10月4日に行われた米俵転がし競争で、対戦相手の勇氏を故意に水路へ突き落とし大怪我をさせた。幸雄氏はその件について否定していたが、複数の目撃証言により村八分になった。その2週間後に井戸水入を飲んでから体調を崩し10月29日に死亡した。<10月29日 死亡>
  • 光子
    【村八分の理由】
    光子氏は10月4日に行われた米俵転がし競争で、コースに落とし穴を掘り1位を独走していた稔氏を複雑骨折させた。落とし穴の中に光子のお守りが落ちていたことから犯行が発覚した。<10月6日 転出>
  • 佐藤慎司
    【村八分の理由】
    今年の2月に東京から南馬宿村に移住した佐藤慎司氏は、買い取った古民家の肥溜を勝手に埋めた。また、ハロウィーンだからとカボチャのお化け等を庭に並べ、村民を恐怖に陥れた。<10月26日 転出>
  • 和田孝彦
    【村八分の理由】
    和田孝彦氏は、今年の7月に静岡市から南馬宿村に移住した。村人の反対を押し切って自宅の屋根にソーラーパネルを設置し、村民を恐怖に陥れた。村八分になった翌日10月13日に火災で家が全焼、「もうこの村には住めない」と役場前の掲示板にコメントを残して村を去った。<10月15日 転出>

Follow me!

コメントを残す