南馬宿村立刑務所完成

南馬宿村に待望の刑務所が完成しました。

施設名:南馬宿村立刑務所
敷地面積:1,960㎡
建物延面積:420㎡
設備等:足かせ(140kg)12個、鎖(8メートル)30本、石窯、電気風呂、フッ化水素酸100L、水酸化ナトリウム500L、こん棒4本

運営は南馬宿村に30年以上住んでいる住人が当番制で行います。

南馬宿村 刑務所

矯正プログラム

AM3時:起床と同時に15時間イノシシや鹿の皮を鞣して社会適応力を身に着けてもらいます
PM6時:大きな声で1時間歌を歌ってもらいます
PM7時:同報無線で村人全世帯に向け、1人につき3分間の謝罪と反省の言葉を述べてもらいます
PM8時:食事。食事は1日1食、5分間です。メニューは毎日ジビエの生肉。食後は施設の掃除。
PM10時:就寝

目的と刑期

厳しい刑務所暮らしをして社会適応力を養っていただきます。当番制で村人が刑務官の役を担いますが、娯楽のない村人にとって刑務官のしごとは数少ない楽しみの一つです。刑期は村人らが決めます。村人が皆「良い」と言うまで出られません。同報無線で上手にアピールしないと永久に出られません。

注意事項

刑務所内で悪い態度をとると、天罰が下ります。罰は当番の村人が与えます。

Follow me!

コメントを残す