オバマ大統領、南馬宿村をお忍びで訪問

南馬宿村に米大統領のオバマ氏がお忍びで訪問されました

ノーベル平和賞を受賞した米大統領のバラク・オバマ氏が、大統領任期中最後の旅行先として南馬宿村を選んでくださいました。日本政府に認知されていない南馬宿村はお忍びの旅先としては最適で、テロリストに襲撃される可能性が低いことが選ばれた要因でしょう。


本物のオバマ大統領か?

一部では自称オバマ大統領であって偽物ではないか?との声も上がっているようですが、事あるごとに「Yes We Can」だの「We Can Change」だのと連呼していました。訪問の途中から「YWC」、「WCC」を連呼するようになったのは、「Yes We Can」、「We Can Change」を省略したものだと言われています。このことから本物のオバマ氏だと考えられています。


訪問の目的

時期米大統領がトランプ氏に決まり虚無感にさいなまれるオバマ氏。7年間米大統領だった間に多忙な毎日を送り、精神的な疲弊が蓄積され老化も加速。そんなオバマ大統領が丸一日ゆっくり寛ぐことができる田舎を探していたようです。米大統領クラスになると、あらゆる機関が衛生やネット回線等の通信網を使って追跡しますが、認知されていない南馬宿村にはバレずに村に入ってしまえば完全に行方をくらますことができます。とにかくリラクゼーションを求めていた事は確かです。


写真撮影禁止(絵はOK)

南馬宿村にはオバマ氏以外にもSPが1人訪問しています。村内には3機のカメラがありますが、セキュリティの関係でSPが写真撮影は絶対に禁止だと強い口調で警告してきました。絵はOKだったので南馬宿村の画家、孝彦氏に絵を描いてもらいました。孝彦氏は瞬間的に視野に入った情報を忠実に絵で再現できる、山下清のような能力を持った画家です。写真には及びませんが、限りなくそれに近い絵を描くことができる能力を持っています。
南馬宿の民宿の和室でトランプを咥えるオバマ氏


滞在期間中のオバマ氏

南馬宿村に滞在期間中、オバマ氏は村内唯一の宿泊施設、脂婆太で1日を過ごしました。オバマ氏に政治的なことやトランプ氏について村人が質問しようとしましたが、村人と目が合った瞬間から九官鳥のように「Yes We Can」、「We Can Change」、「YWC」、「WCC」を連呼していたので、それ以外の言葉をだれも耳にしていません。


村民の大半はオバマ氏のことを知らず?

驚いたことに南馬宿村の村民の大半はオバマ大統領のことを知りませんでした。移住者は皆オバマ氏のことを知っていたようです。○○さんの家の表札が新しくなった、今日は○○さんの誕生日だ…、村内の情報にはとても強い村人ですが、村の外のことには恐ろしいほど疎いことを改めて実感しました。

Follow me!

コメントを残す