南馬宿村の過疎化は深刻です。高齢化が進み、65歳以下は子供扱いです。これではいつか南馬宿村は消滅します。若い女性が1人も住んでいない南馬宿村では平成2年以降出生0が続いています。移住者が増えなければ人口が増えることはありません。

過疎化が進む村としてはたくさんの人に移住して頂きたいのですが、そう簡単には行きません。南馬宿村移住をお考えの方に予め知って頂きたい事があります。

テレビ等で「田舎暮らしは素晴らしい」、「田舎に住んでスローライフを満喫しよう」等と田舎暮らしを推奨するような番組が放送されているようですが、南馬宿はそのような村ではありません。毎年都会から何名か南馬宿村に移住されるのですが、9割以上の移住者が移住して半年以内に泣きながら村役場に転出届を出しに来られます。

南馬宿村に移住される方、移住を検討されている方に下記「南馬宿村はこんな村です」を必ず読んで下さい。

南馬宿村はこんな村です

  • 過疎化が深刻でも移住者は歓迎されない

    過疎化が進んで移住者が増えて欲しいと思われがちですが、とんでもない。村人が移住者を歓迎しなかった為に過疎化が進んだのです。「こうであるべきだ」と言う固定観念があまりにも強く、移住者が都会の常識や文化、価値観を持ち込むことを極端に嫌います。

  • 学校がありません

    南馬宿村には学校が一つもありません。保育園や幼稚園もありません。当然学習塾もありません。そんな村で育った教養や道徳の無い村人らが毎日何か問題を起こします。

  • 家を売って移住するのは絶対に避けるべき

    都会の家を売り払って南馬宿村に家を建てて移住するのは絶対に避けるべきです。9割以上の移住者が半年以内に村を出ます。南馬宿村に家を建てても絶対に売れませんし、帰る家も売ってしまったらまた済むところを探さなければなりません。

  • 鍵は絶対につけないかけない

    南馬宿村の家には鍵がありません。鍵をかけようものなら、村人らは「結界を張られた」、「我々と断交したいのか!」と思われてしまいます。最悪なのはテレビドアホン、悪いことは言いません、絶対にデレビドアホンだけは設置しないで下さい。

  • 都会よりずっと忙しい

    南馬宿村は都会よりずっと忙しいと言われています。その原因は、南馬宿村の人たちが時間を持て余しているからです。「何言っているんだ、矛盾しているだろ?」と聞こえてきそうですが、実はこの暇を持て余している村民が何か問題を起こしたり、やる必要のないイベントや集会を頻繁に開催するのです。まともに働いている人にとったら堪ったものではないのですが、これらの行事の参加を拒むと村八分になります。特に60歳以下の働き盛りの人は無駄に頼られるのでほぼ休む時間は無いと思って下さい。

  • 村八分

    南馬宿村で村八分になる人の8割が移住者です。村八分になってしまった人は悪意があって村人を怒らせたわけではありません。ちょっとした誤解や価値観や文化の違いが発展して村八分になっています。

  • こうであるべき、に逆らわない

    狭いコミュニティ内のことしか知らない村人は信じられないほど偏った固定観念を持っています。固定観念を壊すことは絶対にできません。例えできたとしても、1人の人間の固定観念を壊すには気の遠くなる程の労力が必要になります。

  • 極端に変化を嫌う定住者

    定住者は極端に変化を嫌います。確実に村が良くなる提案でも絶対に受け入れてくれません。例え村が悪い方向に進んでいようが関係ありません。絶対に変化を受け入れない定住者の目が黒いうちは、こうしましょう、ああしましょうと絶対に提案してはなりません。

南馬宿村の過疎化は深刻です。何が深刻化と言うと、村人が過疎化を悲観しておらず移住者を敵・悪魔とみなしているからです。このままでは南馬宿村は廃村になります、しかし村人たちはそれでも良いと考えているのです。

村役場がこんなことを言うのも何ですが、南馬宿村への移住はおすすめしません。


南馬宿村ではありませんが、田舎暮らしを考えている方は以下のサイトも参考にして下さい。

「20年住んだら家あげます」に釣られて地方に移住した結果(働くモノニュース : 人生VIP職人ブログ)