南馬宿村の良いところ

優遇税制

優遇税制と言う言い方は正しくないかもしれませんが、村民の大半が自給自足の生活をしています。また”物々交換”や”物と労力”の交換がとても盛んです。例えば村の万屋(よろずや)でタワシを購入する場合、通貨ではなく野菜と交換したり、ペンキ塗りを手伝う労力と交換することが可能です。そのため通貨の動きがほとんどありません。さらに日頃から村民みな家族のような付き合いを日頃からしているので消費者と事業者と取引しているのではなく、あくまで個人同士が物やサービスを交換しているので課税することが極めて困難です。

村民全員に支えられる村

税収が極端に少ない南馬宿村であっても国から忘れ去られてしまった為に、交付金や補助金等も一切受け取っていません。自主財源に乏しい南馬宿村が成り立っているのは、村民全員が村を支えてくれるからです。土砂崩れで道路が封鎖されたら村民がトラクターを持ち寄って復旧したり、河川などの改良工事も週末の行事として参加してくれたり。

マネーマネー?とは都会と違う!

都会はお金があれば何とかなったり、何でも手に入いります。つまりお金がなければ何ともならなくなってしまったり、欲しいものも手に入らないことがあります。南馬宿村は違います。
【例】
・大根を手に入れたいAさん
・Aさんは1,000円札を持ってBさんの店に行きました
・1本150円の値段がついていた大根を1,000円札で買おうとしました
・Bさんは売ってくれませんでした
・Bさんは裏の牛糞堆肥の切り返し(*)をしてくれたら大根持って行っていいよと言いました
・Aさんは牛糞堆肥を切り返して大根を手に入れました
*切り返し:堆肥をかき混ぜて発酵を促進させる

このように、南馬宿村では都会のような通貨への絶対的な信用がありません。

マイナンバー制度

南馬宿村 マイナンバー

描き変えられた”ECCE HOMO”展

ecce homo展

話題の映画上映中

パンを焼いた男

猟銃事故多発警報発令中

猟銃事故 誤射 ご発砲

南馬宿村役場庁舎建替え中断について

南馬宿村庁舎建替え沼池建設の施工放棄により庁舎建替えが作業が中断しています。沼池建設によると、村民らが工事を妨害したため工期に遅延が生じ、その間に材料価格が高騰して見積金額内での施工が困難になった…と、ありもしない嘘を言っている。事実無根のでっちあげで一方的に施工金額を釣り上げようとしている沼池建設の愚行は断じて許されるものではなく、南馬宿村は徹底抗戦で臨むつもりです。しばらくの間ご不便・ご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いします。

南馬宿村は村八分の習慣が根強く残る村です。